【登録 2002/09/15】  
[ 詩篇 ]


〈十四行詩〉

いたわりの鍋

こだわりとかたよりは外道
百鬼園主の毒言はつづく
背中を噛む風
幻の髑髏を撫でる
祝いの日の朝
足裏に火傷
寝言をいう女を抱くと
電話のベルが鳴る
馬たちはいたわりの鍋に向かう
負けてばかりはいないさ
夢の雨に打たれ
宇宙軸が滑る
蕎麦を啜って
淡々とした日々

(C) 紙田彰, Akira Kamita.


[作成時期]  1978/99/99