【登録 2002/09/15】  
[ 詩篇 ]


〈十四行詩〉

差出口

無駄口を封じようと
受話器をとりあげる
愛慾の手練手管なんざ
ずいぶんと古風だな 女よ
暗黒星雲と喋るときだって
口など挟むものか
羽のかすんで見える友達が
黄金の禁句を貸してくれたが
反故紙の上で錆ついている
菩提樹にもたれて夢見ても
内臓と宇宙とのなんという一致
ところで どうだね
鏡の部屋で
朝までつるんでいるっていうのは

(C) 紙田彰, Akira Kamita.

(未定稿)

[作成時期]  1978/99/99