【登録 2002/09/15】  
[ 詩篇 ]


神秘的な踵

神秘的な踵
視線のさきには透明な輪郭がひろがる
階段にのっぺりした貌が貼りつき
うすい血の色が
繊細な骨の角度をなしている
猛然と駈ける風よ
生涯に二度とない
はげしい息

料理の間中
結びついたまま離れない
肉と脂 はじける汗
脚を広げてウインクする
薪を焚ると大蒜もとろける
下着に醤油が……

斑に上気する肩
細い裸身
お定まりの恋

親不知を匿しもっているため
口腔が角質化する
目を開けると
白い影がゆるやかに蔽いかぶさる
触れえぬもの
見えぬもの
得体の知れない腕が
腰を強く抱く

煉瓦造りの建物の一室
つい度を過してしまうのは
馴染みの女のせいでもない
蓬髪と痰切飴
悪口の応酬はともかく
カードを配る指さきに
千の記憶

(C) 紙田彰, Akira Kamita.

(未定稿)

[作成時期]  1978/99/99