【登録 2002/09/15】  
[ 詩篇 ]


〈十四行詩〉

天地の袋

神社を通り抜ける
途中祠の傍で小便をする
聖遺物器を粗末にするな と
女の声が背中を走る
人気のない夏の真夜中
酔いも一遍で醒めてしまい
タクシーの中では
焦げたガソリンの臭いに
圧倒される

映画館の前で
銀髪の知人に出会う
インド料理に燃えた胃の痙攣が
言葉を呑み込んで
つまらない目礼に終わる

(C) 紙田彰, Akira Kamita.

(未定稿)

[作成時期]  1978/99/99