【登録 2002/09/15】  
[ 詩篇 ]


風が目を

風が目を奪うときに
虹が暗闇とともに現われる
沙が宮殿を造形しているのではなく
水の尖った滴がつらなって落ちるように
手許の顎がみにくく歪んだ

力が余ってそうしている
ガラスの粉が舞っている
電車の窓が光を凝固させている
心の奥にある深い穴に
女の死体をぶら下げる

手帖にその日の色を書き込もうと

(C) 紙田彰, Akira Kamita.

(未定稿)

[作成時期]  1989/99/99